AIによる株式投資3カ月で100万円初級【キャッシュアウト】

日本で2018年4月に開始したキャッシュアウトは、デビットカードなどを使い小売店のレジや自動精算機などから銀行口座の預金を引き出すことのできる、欧米では一般的なサービスである。

キャッシュアウトは、デビットカードなどを使い小売店のレジなどで、銀行口座の預金を引き出すことのできるサービス。

2017年4月に施行された改正銀行法の施行規則改正を受け、日本では2018年4月よりJデビットのサービスが開始されたっ気軽に都度現金を補充する習慣が広まれば、キャッシュレス社会の浸透につながる。

なお、このサービスは英国ではデビットカードの普及とともに1980年代に開始され、欧米では既に普及した仕組みだ。

キャッシュアウトのメリットとしては、利用名・は買い物や医療機関などに行くついでに、ATMや銀行窓口に行かずとも現金を得られることが挙げられる。

例えばATMの少ない地域の住人や、頻繁に外出できない高齢者にとってメリットは大きい。

また加盟店にとっても現金引き出しを目当てに顧客の立ち寄る機会が増えることが期待される。

デビットカードを発行する金融機関にとっては、ATMの設置や運用負荷の軽減も見込まれる。

一方、デメリットも想定される。

利用者は買い物と現金払出額の混在から、家計の現金の管理は煩雑化する恐れがある。

加盟店にとっては手数料負担の増加や、レジ業務などが煩雑になり、混雑時のスーパーやコンビニなどでは迦常業務に支障を来す可能性が考えられる。

日本再興戦略改訂2014」及び「日本再興戦略2016」で掲げられたキャッシュレス化の推進、「未来投資戦略2017」のKPIの一つとして盛り込まれた、キャッシュレス決済比率を4割程度とする目標達成のためにも、キャッシュアウト利用環境の整備は必要である。