AIによる株式投資中級【キャッシュフロー計算書】

会計期間における資金の増減を表示した報告書を「キャッシュフロー計算書」(C/S: cash flow statement)と呼びます。

企業活動の性質に応じて,キャッシュフローは営業活動,投資活動,財務活動の3つに区分して表示されています。

「資金の回収」はおおむね「営業活動からのキャッシュフロー」の下,営業CFに相当しますが,在庫投資はこちらに含まれます。

営業CFはプラス(収入)になるのが通常です。

マイナス(支出)である場合,企業はビジネス(事業活助)から資金を回収できていないことになります。

また,「投資プロジェクト」はおおむね「投資活動からのキャッシュフロー」(以下,投資CF)に相当します。

通常はマイナス(支出囗こなりますが,資金繰りに苦しんで設備や事業を売却するような企業では,投資CFがプラス(収入)になります。

さらに,「資金調達」と「返済・分配」はおおむね「財務活動からのキャッシュフロ-」(以下,財務CF)に相当します。

一般に,成長期は投資プロジェクトが豊富であるため,企業:旺盛な資金需要を賄うために活発な資金調達を実施し,財務CFはプラス(収入)になる傾向があります。

具体的には株式発行、社債発行,銀行借入によって資金を調達します。

しかし、安定期に入ると投資機会は減少し,利益の内部留保で賄えることが多いこともあって,株式発行や社債発行は低調になります。

また,稼ぎ出した利益を配当や自社株買いで分配することが多くなります。

そのため,安定期は財務CFがマイナス(支出)になる傾向があります。

なお,営業CFと投資CFを合計したものを「フリーキャッシュフロー」(FCF: free cash flow)とよびます。

前述したように,営業CFはプラスであることが通常であり,投資CFはマイナスであることが通常ですから,これらを“合計する”作業はプラスにマイナスを足すことを意味しており,感覚的にはむしろ差し引くに近いとも言えます。

投資家に対して自由に分配できる余剰資金を意味しており,成長期にマイナス(支出)になるのは仕方がないとしても,いずれはプラス収益になることが望ましいとされています。

資本構成や配当政策のように,経営者が浪費するぐらいならば,借入金の返済,利子,配当,自社株買いによって企業に流出させるほうが望ましいとされています。