AIによる株式投資初級【サブリース】

賃貸住宅の管理業者が、賃貸住宅の所有者である個人家主から転貸目的で賃借し、自らが貸し主(転貸人)となって借り主(転借人)に賃貸(転貸)する賃貸住宅管理方式の一形態。

アパートなどの投資用不動産を運営するには、入居者の募集、審査、契約、入出金管理、入居者対応、契約更新、物件の修繕などの業務を遂行する必要があり、経験の乏しい佃人家主は、不動産会社に管理業務を委託するケースが多い。

賃貸住宅の管理業務は、受託管理方式とサブリース方式に大別される。受託管理方式では、管理業者は家主からの委託を受け、賃貸竹理の受任者として貸し主に代わって管理業務を行う。

サブリース方式では、家主と管理業者が転貸借を目的とした「原賃貸借契約(サブリース原契約)」を締結して、管理業者が貸し主として入居者である借り主と ̄転貸借契約」を締結し直接賃貸管理を行う。

家主にとって、サブリースは、管理業者が賃貸住宅を一括借り上げするため一定の賃料収入が見込めるのに加え、管理の手間がかからないメリットがある。

一方、貨料が変更になる場合がある(2年ごとなどの定期的な家賃見直し条項がある)、契約期間中に竹理業者圖から解約される可能性がある(当初契約期間にかかわらず解約条項がある)といったリスクが存在する。

これらのサブリースのリスクを個人家主が十分理解せずに契約し、契約後に管理業者とのトラブルに発展する事例が数多く発生している。

サブリースを所管する国土交通省は、2011年に任意の登録制度として賃貸住宅管理業者登録制度を創設し、2016年には賃貸住宅管理業務処理準則を改正して、管理業者による家主への重要事項の説明を義務化するなど、賃貸住宅管理業の適正化に向けて継続的な取り組みを行っている。