AIによる株式投資初級【ブロックチェーン】

P2P(peer to peer)通信と暗号処理による、ネットワーク共有型のデータベース。

信頼性と堅牢性を持ったシステムを低コストで構築できる点で、幅広い領域での活用が期待されている。

取引データを一定虻ごとにまとめた「ブロック」として扱い、それぞれのブロックに前ブロックとの関連を暗号化して記録することで、データがチェーン状に連結された構造をとる。

取引データは、ネットワークに参加しているすべてのコンピューターで、同一のものが管理・保存される仕組みとなっており、データを更新するためには、各コンピューター問におけるデータの正しさに対する「合意」が必要となる。データの改ざんは、暗号

すべての再計算と、参加コンピューターの「合意」を得るための条件を満たす必要があるため、事実上、不可能である。

金融に代表される従来の取引システムの多くは、信頼を確立した主体が一元的に管理することで取引の正当性を確保している。

ブロックチェーンの革新性は、ネットワーク参加者が取引の正しさを相互確認することによって、そうした管理主体が不要となることにある。

例えば、海外送金のように多数の仲介者が必要となる場合、それぞれが独自のシステムを用いて取引の整合性や勘定の照合を行うため、多額のコストが発生している。

ブロックチェーンによって直接的な取引が実現されれば、これらの取引コストを削減することが可能になると言われている。

最近では、多くの企業がブロックチェーンの応用に関わる実証実験に乗り出している。

仮想通貨の送金、貿易金融、証券取引の管理、不動産登記などの金融分野に留まらず、ダイヤモンドのトラッキング、電力、食品トレーサビリティーなどの非金融分野に及んでおり、幅広い領域での実用化が期待されている。