AIによる株式投資初級【モバイル決済】

モバイル決済とは、携帯端末を用いた決済サービスの総称で、日本ではおサイフケータイのサービスがすでに普及している中、2016年10月にiPhoneが対応したことから改めて注目を集めている。

モバイル決済とは、スマートフォンを始めとする携帯端末を用いて、電子マネー、クレジットカードなどによる支払いを行うサービスのこと。

日本においては従来から「おサイフケータイ」のサービスが広く普及していた。

最近日本で注目を浴びている背景としては、iPhone向けのサービス「apple pay」が2016年10月より国内で利用可能となり、スマートフォンを使用したサービスが本格化したことが挙げられる(Λndroid携帯向けには従前よりサービスあり)。

上記のような、携帯端末を店舗等の読み取り機にかざす「非接触決済」のほか、QRコード等を表示したり読み取ったりして行う決済手法も広がっている。

より広い意味でのモバイル決済としては、スマートフォン・夕ブレット端末にカードリーダーを装着することで、カード決済端末として利用できるサービスがあり、導入店舗側にとっては、初期費川の安さ、入金までの時間の短さといった点が魅力となっている。

ただ、日本のキャッシュレス決済手段の多くは、新しい技術が応用されているわけではなく、そのため本来の基盤としての脆弱性を受け継いでいる。

これについて各社による対策は行われているものの、不正アクセス、パスワード盗難、不正購入等の事故・被害は引き続き起こりうるため、継続しての対応が必須となる。

脆弱性への対応策として、生体認証や分散型台帳技術(ブロックチェーン)の応用等の取り組みが進められており、近い将来には究極のキャッシュレスである「手ぶら決済」が実現する可能性がある。