AIによる株式投資初級【レグテック】

AI(人工知能)やビッグデータの解析などの先端技術を活用することにより、金融規制への対応を効率化し、規制対応コストの削減を図る取り組み。

レグテック(RegTech)とは、レギュレーション(regulation、規制)とテクノロジー(tecnology、技術)を組み合わせた造語である。

金融分野の技術革新に伴い、金融取引に付随するリスクは複雑化し、金融犯罪も高度化・多様化している。

この結果、金融にかかわる法規制の数は増加する傾向にあり、金融機関のコンプライアンスコストの負担は年々重くなっている。

従来、金融機関は主として取引処理の合理化や効率化のためにICTを活用してきた。

近年、ICTを規制対応に活用するレグテックが登場し、注目を集めている。

レグテックが主に活用されている分野の一つがマネーロンダリング(資金洗浄)対策である。

一部の大手銀では、AIを活用して疑わしい取引の当局への届出の要否の判断を行っている。

このほか、顧客が新規に口座を開設する際に必要とされる本人確認に関わる諸手続きの自動化を図る動きもみられる。

今後は、様々な分野でレグテックの活用が進むことが期待されている。

具体的には規制関連文章の解釈の自動化や、各金融機関が行っていた本人確認等のコンプライアンス関連の事務処理のアウトソーシング、ストレステストの際に必要なリスクデータの収集や分析などが挙げられる。

金融機関による導人が活発化しているRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)は認知技術等を活用した業務の自動化であるが、金融機関の業務は規制と密接な関係にあるため、レグテックと重複する部分が少なくない。