AIによる株式投資中級【企業の経営資源】

カネは希少な資源です。

キャッシュフローを生み出せない企業に対して希少な経営資源(ヒト,モノ,カネ)を投入することは,社会全体にとって重大な浪費です。

なぜなら,これらを他のピジネスに使っていれば,より多くの消費者を満足させ,私たちの生活に貢献することができたかもしれないからです。

希少な資源を売れないモノの生産のために浪費しそうなビジネスがあったとすれば,それを資金調達の段階で止めることが理想です。

そもそも資金調達ができなければ,いかなる投資プロジェクトも実施できないからです。

数多くあるビジネスに対して,市場の投資家はリスクに見合った収益を要求し,そのハードルを超えられそうな投資プロジェクトだけを実施するよう,企業の財務担当者にプレッシャーを与え続けます。

したがって,企業の財務担当者は市場メカニズムにさらされながら,企業のカネに関するマネジメントを最大限の努力で遂行すべき立場にあるのです。