AIによる株式投資初級【後見支援預金】

後見制度による支援を受ける者の預金の引き出しなどに、家庭裁判所の指示書を必要とする仕組み。

不正防止の徹底と利用しやすさの調和を図る、新たな方策として期待されている。

後見支援預金は、後見制度による支援を受ける者の財産のうち、後見人が管理する日常の支払いに必要十分な金銭とは別に、通常使用しない金銭を預託する預金をいう。

後見支援預金口座の開設や払い戻し、解約などの処理に、家庭裁判所の指示書を必要とすることで、安全性を確保している。

成年後見と未成年後見において利用可能である。

成年後見制度については、後見人による被後見人財産の使い込みなどが、一部で問題となっている。

この問題に対応するため、受託銀行などは、2012年から、後見人であっても生活費以外の預金を引き出す場合には、家庭裁判所の指示書を必要とする新たな仕組みとして、「後見制度支援信託」の取り扱いを開始した。

しかしながら、「後見制度支援儒託」は、金融機関や専門職後見人に対する報酬が必要になることや、最低預人金額が1.000万円であること、信託銀行などの支店が少ない地方では利川できないなど、利便性の問題が指摘されていた。

また、2017年に閣議決定した「成年後見制度利川促進基本計画」では、「後見制度支援儒託に並立・代替する新たな方策の検討」が間待されている。

これらを背景に、2017年以降、特定地域の信用金庫や信用組合などが、「後見支援預金」の取り扱いを開始している。

基本的な流れは「後見制度支援信託」と同様だが、金融機関への報酬がないことや、最低預人金額がないこと、信用金庫・信用紙介などは地方にも支店が多いなど、利川者の利便性が高い。

徐々に広がりを見せているものの、現時点では利用可能な地域が限定されている。