AIによる株式投資初級【電子記録債権担保融資】

電子記録債権担保融資とは、中小企業の資金調達手段の一環として、電子記録債権を金融機関に譲渡しこれを担保として融資を受ける方法である。

中小企業にとって、より円滑な資金調達を可能にするための手段として、従来型の不動産担保以外の担保手段を拡充する観点から、電子記録債権の活用が検討されてきた。

電子記録債権担保融資は、売掛債権を電子記録債権化し、それを担保として。金融機関に譲渡することで資金調達を可能にするものである。

電子記録債権は、電子債権記録機関の記録原簿に記載されることで発生、譲渡される金銭債権であり、既存の売掛債権や手形債権とは異なる種類の金銭債権である。

電子記録債権化することで手形・売掛金に比べて以下のようなメリットが生じる。

手形、売掛債権を担保に資金調達する際のデメリットを解消し、中小企業の資金調達が多様化・円滑化するものとして期待されている。

2013年9月以降、電子記録債権の割り引きについても信用保証制度の対象となり今後の利用拡大が見込まれている。