「2021年1月」の記事一覧

AIによる株式投資初級【後見支援預金】

初級

AIによる株式投資初級【後見支援預金】 後見制度による支援を受ける者の預金の引き出しなどに、家庭裁判所の指示書を必要とする仕組み。 不正防止の徹底と利用しやすさの調和を図る、新たな方策として期待されている。 後見支援預金・・・

AIによる株式投資初級【サブリース】

初級

AIによる株式投資初級【サブリース】 賃貸住宅の管理業者が、賃貸住宅の所有者である個人家主から転貸目的で賃借し、自らが貸し主(転貸人)となって借り主(転借人)に賃貸(転貸)する賃貸住宅管理方式の一形態。 アパートなどの投・・・

AIによる株式投資初級【ノンリコースローン】

初級

AIによる株式投資初級【ノンリコースローン】 貸出金の返済原資を当該事業から発生するキャッシュフローや当該物件の処分代金に限定し、その他の事業の資金を返済原資としない融資形態のこと。 一般的な貸し出しに比べ金利が高い。 ・・・

AIによる株式投資初級【クロスボーダーローン】

初級

AIによる株式投資初級【クロスボーダーローン】 日本国内の金融機関・営業店から海外の現地法人に直接融資を行うこと。 「現地貸し付け」とも呼ばれ、ここ数年間、特に地域金融機関による取り組みが活性化している。 従来、日本企業・・・

AIによる株式投資初級【リバースモーゲージ】

初級

AIによる株式投資初級【リバースモーゲージ】 年金制度の一種で、「逆抵当融資」「住宅担保年金」などを意味する。 自宅など居住用資産を担保に入れて借り入れし、債務者の死亡時に担保物件を処分して融資金を返済する仕組み。 リバ・・・

AIによる株式投資初級【環境格付け融資】

初級

AIによる株式投資初級【環境格付け融資】 金融機関の融資審査に際して、融資先企業の環境への取り組みを評価・格付けし、その結果を金利などの融資条件に反映させる融資メニュー。 環境省が利子補給事業を実施している。 金融機関の・・・

AIによる株式投資初級【電子記録債権担保融資】

初級

AIによる株式投資初級【電子記録債権担保融資】 電子記録債権担保融資とは、中小企業の資金調達手段の一環として、電子記録債権を金融機関に譲渡しこれを担保として融資を受ける方法である。 中小企業にとって、より円滑な資金調達を・・・

ページの先頭へ