AIによる株式投資3カ月で100万円初級【企業再生ファンド】

投資家から集めた資金を元に、出資や経営者派遣などを通じて経営不振に陥った企業を積極的に支援し、再建後に株式売却などを行うことで収益を投資家に還元する投資ファンド。

日本で企業再生ファンドが登場したのは、1990年代の終わり頃からである。

外資系ファンド、国内大手証券会社系ファンド、国内独立系ファンドなどが続々と活動を開始した。

他方、政府も政府系ファンドとして産業再生機構、企業再生支援機構、地域経済活性化支援機構を相次いで設立した。

最近では、中小企業庁や各地の地域銀行が主導・支援する中小企業を対象とした地域再生ファンドの設立が目立っている。

企業再生ファンドは、過剰債務の減免、資金調達方法の見直し、不採算事業の売却、営業手法の改善など、様々な方法を川いて対象企業を利益の出る状態にする。

株式を買い占めて経営陣に株主還元を迫るアクティビストファンドとは違い、自らも投資先の役職員と共に長期的な企業価値の向上を目指す。

対象企業が再生した後は、上場による株式売り出し、他社への株式売却、他の投資ファンドへの売却、MBO(経営陣による株式y石ヽ取り)などで投資資金を回収し、投資家に利益を還元する。

企業再生で特に重要な点は、対象企業が再生可能かどうかの見極めにある。本業で確実に利益を上げていながら事業の多角化で過剰債務を抱えている企業や、優れた技術を持っていても資金繰りがうまくいかずに行き詰まっている企業などは、適切な支援によって再生が見込まれる。

反対に、過剰債務はなくても、将来性が低く、収益性を維持できるようなコアビジネスを有していない企業などは、様々な支援を行っても抜本的な再生にはつながりにくい。