AIによる株式投資3カ月で100万円初級【メザニンファンド】

金融機関の通常の貸出金よりもリスクが高<、株式よりもリスクが低いミドルリスク・ミドルリターンを狙って資金を運用するファンド。

メザニンとは「中2階」を意味し、通常の貸出金(シニアローン)よりもリスクが高く、株式(エクイティ)よりもリスクが低いものがメザニンファイナンスと呼ばれる。

メザニンファイナンスの代表例としては、劣後債や劣後ローン、優先株などが挙げられる。

これらの手法は、企業が何らかの原因で財務基盤の強化を迫られた際やM&Aに伴う買収資金を手肖てする際などに活川される。

メザニンファンドは、メザニンファイナンスの供給主体の一つとして期待されるが、凵本においてその活川はあまり進んでいない。

金融庁の調査によると、メザニンに投資するファンド(集団投資スキーム)の組成本数は17本、運川財産の規模は634R.円であり、ファンド全体に占める割介は1%にとどまっている

(2017年3月末時点)。こうした中、2018年9月、政策金融機関が米系大手航空機メーカーの金融子会社等と協働し、航空機ファイナンス分野においてメザニンローンを提供する新たなファンドを組成することを公表している。

こうした動きが凵本のメザニンファイナンス市場の育成・拡大につながっていくか注1]されるC

メザニンファイナンスは、リスクマネーの供給と企業の財務基盤の強化という両而から有効なツールであると言えるが、その認知度は十分とはiノ1’えない。

囗本の成長力強化に向け、今後は資金供給主体である投資家、資金需要主体の企業の双方におけるメザニンファイナンスの認知度を高め、その活川を促進していくことが重要であると考えられる。