AIによる株式投資3カ月で100万円初級【iBeCo】

掛け金と運用収益の合計で年金額が決まる確定拠出年金のうち個人が掛け金を拠出するもの。

税制優遇が魅力。 2017年より加入資格が拡大され、加入者が急増している。

確定拠出年金(DC)は、公的年金に上乗せされる私的年金制度の一つ。

拠出する掛け金を金融商品で運用、60歳以降に掛け金と運用収益の合計(積立金)を一括または年金で受け取る。

勤務先が制度を準備し掛け金を拠出する企業型DCと、国(国民年金基金連合会)が準備した制度に佃人で加入し、自己負担で掛け金を拠出する個人型DCがある。

このうち個人型DCのことを、愛称でiDeCo”と呼んでいる。

運川はあらかじめ川意された選択肢から各加入者が選択し、資金配分を決定する。年金額はその運川結果である積立金に応じて、個人ごとに決定される。

掛け金は全額非課税であり、支払い(最短60歳時点)までの間に発生する運川収益も非課税となる。こうした税制面での手厚い優遇を受けながら、老後資産を作れることがiDeCoの大きな魅力となっている。、

ただし拠出できる掛け金には、企業年金がない企業の従業員がiDeCoに加入した場合は、月2万3.000円まで、自営業者らがiDeCoに加人した場合は、国民年金纂金の掛け金との合計で月6万8.000円までという限度額がある。

2017年1月、専業主婦・主夫、企業年金加人軒、公務員などにまでiDcCoへの加入資格が拡大され、企業型DCと介わせて、現役世代のほぽ全11がDCに加入できるようになった。

これを契機に加人者は急増し、2018年8月にはiDeCoの加入者数が大台の100万人を突破した。

高まる老後資金ニーズへの対応商品として、税制優遇のメリットが大きいiDeCoの推進体制を整備する金融機関が増えている。