AIによる株式投資3カ月で100万円初級【NISA】

2014年1月に運用益が非課税となるNISA(ニーサ、少額投資非課税制度)が創設された。その後、ジュニアNISAとつみたてNISAが導入され、制度が拡充されている。

2014年1月に一定の条件の下で運川益が非課税とされるNISAが創設され、2016年4J」には未成年を対象としたジュニアNISAが導入された。

しかし、これらの仕組みが長ju」的な倣立投資の受け皿としては使い勝手が悪いとの意見があり、2018年1月につみたてNISAがnlj設された。近年、金融庁は金融1幾関に対して顧客本位の営業を求めていることを反映し、つみたてNISAの投資対象となる投資信託に関してNIsA3制度の概要は運用コストや投資収益の分配頻度等基準に制約が設けられている。

同制度の普及促進を図るため、2018年4月には、金融資産が積み上がる様子をモチーフとした公式キャラクター「ワニーサ」が制定された。

金融機関は、NISAの各制度に加え、iDeCoや学資保険、財形貯蓄制度などの金融商品の特徴を理解した上で、顧客ニーズに即した商品の推進を行うことが期待されている。